中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)

中古住宅の購入前に一級建築士が住宅診断(ホームインスペクション)を行い、購入判断に役立てて頂くサービス

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の対象

住宅診断
  • 木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造に対応
  • 中古一戸建て住宅の契約前の診断・検査
  • 契約前(購入前)の診断に対応
  • 契約後・引渡し前の診断にも対応
  • 経験豊富な一級建築士が福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島に対応
  • マンションの方は中古マンション建物調査をご覧ください

中古住宅の住宅診断と購入時のリスク

天井点検口のチェック

中古住宅の購入後に不具合等がわかり、想定外の補修費用や売主への瑕疵担保責任の追及などの労力・時間の負担が生じると大変です。また、症状次第では経済的、物理的な理由で対応が難しくなるリスクもあります。

中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)は、こういったリスクをできるだけ回避するためのサービスです。診断を利用するメリットとしては、次のことがあげられます。

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)のメリット

  • 一般消費者に代わって、専門家の視点で診断してくれる
  • 入居後の想定外の補修費用の発生を可能な限り抑えられる
  • その中古一戸建て住宅のメリット・デメリットを知った上で購入判断できる
  • 建築士のチェックのおかげで入居後、安心して住むことができる
  • リフォーム(補修)すべき箇所がわかる
  • 希望のリフォームが可能かわかる

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の具体的な内容

○建物の外部
基礎コンクリート、外壁、軒裏、玄関ポーチが対象です。
屋根は地面やバルコニーから目視できる範囲が対象です。

○建物の内部
各居室等の内装・仕上げ材の仕上り状態、床や壁の傾き・不陸、建具・設備関係の動作状況(調査日に動作可能なもの)などが対象です。
水周り設備はキッチン、洗面等において排水テストを実施致します(水道が使用可能な場合)。

○床下
基礎コンクリート、土台・大引き、金物、断熱材、配管などが対象です。
但し、点検口・床下収納庫などから確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

○屋根裏
柱・梁等の構造材、金物、断熱材、雨漏り痕、配線などが対象です。
但し、点検口等から確認できる範囲に限られます(点検口等が無い場合は確認不可)。

○浴室の天井点検口
ユニットバスの点検口から確認できる筋交い等の構造材、金物、断熱材、ボードが対象です。

※確認できる項目・範囲は建物の種別・プラン等によって異なりますが、目視できる範囲が対象となります。
※詳しい調査項目は住宅診断(ホームインスペクション)の具体的な調査項目をご覧ください。
※床下と屋根裏は別途オプションをご利用頂くことで、点検口等から進入調査を行います。
下記の報告書サンプルで詳しい調査項目を確認できます。

詳細報告書と標準報告書

調査報告書は、詳細報告書と標準報告書の2種類から選択可能です(詳細報告書は+8,000円税別)。 いずれの報告書を選択されても全く同じ項目を調査しており、掲載する項目数も同じです。異なるのは、以下の点です。

詳細報告書:写真・総評・補足コメントが記載・掲載される、郵送及びPDFをメール送信
標準報告書:写真・総評・補足コメントが記載・掲載されない、PDFをメール送信のみ

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の報告書サンプル

詳細報告書のサンプル

標準報告書のサンプル

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の調査方法と調査器具

調査方法は、目視・打診・触診・計測です。目視は診断担当者が見て行う調査、打診は打診棒などで軽く叩いたり転がしたりして行う調査、触診は手や足で触って感じる調査、計測は床や壁などの傾き・歪みの計測や木部の一部で含水率を計測する調査です。

調査器具は、レーザータイプの水平器・水泡タイプの水平器・鏡・打診棒・水分計・脚立・メジャーなどを使用致します(以下の写真参照)。

住宅診断の検査道具

中古一戸建て住宅診断でよくある質問(FAQ)

住宅診断の際に、建物の一部を傷つけたり壊したりするような調査がありますか?(アネスト本部サイトへLink)
シロアリの被害についても確認できるのでしょうか?(アネスト本部サイトへLink)
売主が居住中ですが、調査可能でしょうか?(アネスト本部サイトへLink)
契約前の為に急いでおります。報告書はいつ出来上がるのでしょうか?(アネスト本部サイトへLink)
間取図ぐらいしか資料がないですが、調査可能でしょうか?(アネスト本部サイトへLink)
上記以外のご質問はこちら(アネスト本部サイトへLink)

ココにも注目!

中古物件は診断日の時点で売主が居住中であることも多い(半数以上が居住中)ですが、その場合でも対応可能です。大きな家具等を移動させてまでの調査は行っておりませんのでご了承ください。

住宅診断と耐震診断をセットでオトク!(木造住宅に限定)

耐震診断

セットで利用するメリット

  • 中古住宅の購入判断の参考材料になる。または、ご自宅の耐震補強等の検討材料になる。
  • 耐震基準適合証明書が必要なら安価に発行可能である。
  • 耐震性が低い場合に補強すべき箇所がわかる。

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)のオプション

以下のオプションを追加することも可能です。

■床下と屋根裏の詳細調査
  • 標準サービスでは、床下および屋根裏は、点検口などの確認できる箇所からのぞいて目視できる範囲が調査範囲となっておりますが、この「床下と屋根裏の詳細調査」は床下に潜って動ける範囲及び屋根裏に上がって動ける範囲で目視調査を行います。
  • 但し、以下の場合は対応できませんので、事前にご確認ください。
  • 点検口などの床下や屋根裏に入る場所が無い場合
  • 床下に潜る場所があるが、基礎の配置の関係で調査範囲がかなり限定される場合
    詳しくはこちら(床下と屋根裏の詳細調査)をご覧ください。
■耐震診断
  • 図面および現地での目視による耐震診断を行います。構造計算書のチェックとは異なるものです。詳しくはこちら(耐震診断)をご覧ください。
  • 上記の「床下・屋根裏の詳細調査」と一緒にご利用いただきますと、より精度があがります。耐震診断のみのオプションも可能です。

福岡県内の対応エリア

■ア行
赤村・朝倉市・芦屋町・飯塚市・糸島市・糸田町・うきは市・宇美町・大川市・大木町・大任町・大野城市・大牟田市・岡垣町・小郡市・遠賀町
■カ行
春日市・粕屋町・嘉麻市・川崎町・香春町・苅田町・北九州市小倉北区・北九州市小倉南区・北九州市戸畑区・北九州市門司区・北九州市八幡西区・北九州市八幡東区・北九州市若松区・鞍手町・久留米市・桂川町・上毛町・古賀市・小竹町
■サ行
篠栗町・志免町・新宮町・須惠町・添田町
■タ行
田川市・太宰府市・大刀洗町・筑後市・筑紫野市・築上町・筑前町・東峰村
■ナ行
那珂川町・中間市・直方市
■ハ行
久山町・広川町・福岡市早良区・福岡市城南区・福岡市中央区・福岡市西区・福岡市博多区・福岡市東区・福岡市南区・福智町・福津市・豊前市
■マ行
水巻町・みやこ町・みやま市・宮若市・宗像市
■ヤ行
柳川市・八女市・行橋市・吉富町

※原則、離島は対応致しておりません
出張料はこちら
※福岡県以外にも佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・鹿児島県のほか、ほぼ全国に対応しております。福岡県以外はこちらからお問合せください。

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の料金・必要書類等

■料金
中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
50,000円(税込54,000円)
詳細報告書(写真・総評付)(オプション)
+8,000円(税込8,640円)
床下の詳細調査(オプション)
+20,000円(税込21,600円)
屋根裏の詳細調査(オプション)
+20,000円(税込21,600円)
耐震診断(オプション)
+20,000円(税込21,600円)

■追加料金
エリアによっては出張料金が生じます。また、建物面積が150uを超えますと追加料金が生じます。

キャンセル規定と支払い時期

■必要書類
必要書類の一覧はココを右クリックして「対象をファイルに保存」してください。
※上記はPDFファイルです。
※上記ファイルを印刷して不動産会社へお渡しいただいても結構です。
※必要書類は全てコピーで結構です。
※但し、全ての図面が揃わないこともあるので、可能なものだけご用意ください。

■申込日
空き状況にもよりますが、前日のお申し込みでも対応可能です。但し、ご予約が一杯の場合はお断りする場合がございますので、できるだけお早めにお申し込みください。

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の申し込み方法とサービスの流れ

1. 住宅診断のお見積り・予約状況の確認及びその他のお問合せ

2. 住宅診断のお申し込み

3. 弊社より「受付メール」を送信

4. お客様より当社へ必要書類を送付

5. 担当者よりお客様へ連絡(待ち合わせ場所・時間の確認のため)

6. 当日に現地にて診断を実施  ※調査後、10日以内に代金のお支払い

7. 報告書を送付

8. 質疑応答

9. アフターサービス